ESXi は iSCSI と ジャンボ フレーム との併用をサポートします。

ジャンボ フレーム は 1500 バイトを超えるサイズのイーサネット フレームです。最大転送ユニット (MTU) パラメータは ジャンボ フレーム のサイズを測定するために通常使用されます。ESXi によって、ジャンボ フレーム を MTU が 最大 9000 バイトまでに指定できます。

iSCSI トラフィックに ジャンボ フレーム を使用するとき、次の点に注意してください。

  • ジャンボ フレームを有効にするには、ネットワークがジャンボ フレームのエンド ツー エンドをサポートしている必要があります。

  • ご使用の物理 NIC および iSCSI HBA がジャンボ フレームを確実にサポートしていることをベンダーにご確認ください。

  • ジャンボ フレーム の物理ネットワーク スイッチを設定して検証するには、ベンダーのドキュメントを参照してください。

以下の表では、ESXi が ジャンボ フレーム に提供するサポートのレベルを説明します。

表 1. ジャンボ フレームのサポート

iSCSI アダプタのタイプ

ジャンボ フレームのサポート

ソフトウェア iSCSI

サポート

依存型ハードウェア iSCSI

サポートあり。ベンダーに確認。

独立型ハードウェア iSCSI

サポートあり。ベンダーに確認。