クラスタのプロパティを編集して、既存のクラスタで Virtual SAN をオンにすることができます。

始める前に

環境がすべての要件を満たしていることを確認します。Virtual SAN の要件 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホスト クラスタを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 を選択し、編集 をクリックして Virtual SAN の設定を編集します。
  4. ストレージ ディスクを要求するためのモードを選択します。

    オプション

    説明

    自動

    Virtual SAN に対して、含まれているホストのすべての空ディスクを要求します。自動モードの Virtual SAN はクラスタの ESXi ホストのローカル ディスクのみを要求します。リモートのどの非共有ディスクでも手動で追加できます。

    手動

    含まれているホストのディスクを手動で要求する必要があります。ホストの新しいディスクは Virtual SAN に追加されません。手動モードでは、ディスクをディスク グループに編成する方法が半自動と手動の 2 種類あります。

    注:

    このモードを使用すると、Virtual SAN データストアが作成されますが、初期サイズは 0 バイトになります。手動でディスクを要求するまでデータストアは使用できません。

  5. OK をクリックします。

タスクの結果

Virtual SAN を有効にすると、Virtual SAN データストアが作成され、Virtual SAN ストレージ プロバイダが登録されます。Virtual SAN ストレージ プロバイダはデータストアの vCenter Server ストレージ機能と通信します。

次のタスク

Virtual SAN データストアが作成されたことを確認します。Virtual SAN データストアの表示 を参照してください。

Virtual SAN ストレージ プロバイダが登録されていることを確認します。Virtual SAN ストレージ プロバイダの表示 を参照してください。

Virtual SAN に手動モードを使用している場合、ディスクを要求するか、ディスク グループを作成します。ディスク グループの管理 を参照してください。

クラスタの Virtual SAN を無効にする場合は、Virtual SAN の無効化を参照してください。