デフォルトで、VMkernel は各ターゲットの LUN 0 から LUN 255 をスキャンします (合計 256 LUN)。 Disk.MaxLUN パラメータを変更して、LUN の検出速度を変更できます。

このタスクについて

重要:

LUN ID 番号が 255 よりも大きな LUN は検出できません。

値を小さくすると、再スキャンの時間と起動時間を短縮できます。 ただし LUN を再スキャンする時間は、ストレージ システムのタイプ、スパース LUN のサポートが有効かどうかなど、いくつかの要因によって異なる場合があります。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [システム] の下で システムの詳細設定 をクリックします。
  4. システムの詳細設定で、Disk.MaxLUN を選択し、編集 アイコンをクリックします。
  5. 既存の値を目的の数値に変更し、OK をクリックします。

    入力値では、検出したい最後の LUN の次の LUN を指定します。

    たとえば、0~31 の LUN を検出するには、Disk.MaxLUN を 32 に設定してください。