ESXi と組み合わせて動作する FC SAN ストレージを準備するには、すべてのストレージ アレイに適用される具体的な一般的要件に従う必要があります。

すべてのストレージ アレイについて、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • 各ホストの各 HBA に LUN が提供され、これらの LUN ID 番号が同じである必要があります。

    同一の SAN LUN ID を設定する方法はベンダーによって異なるので、詳細については使用しているストレージ アレイのドキュメントを参照してください。

  • 特に個別のストレージ アレイを指定していない場合、ESXi に提供する LUN のホスト タイプを Linux または Linux Cluster、もしくは可能であれば vmware または esx に指定してください。

  • vMotion、DRS、または HA を使用する場合、同じ LUN ID を使用して、仮想マシンのソース ホストとターゲット ホストの両方が同じ LUN を参照できるようにしてください。

    SAN 管理者の場合、データの破損を考慮すると、複数のホストが同じ LUN を参照することに違和感を感じるかもしれません。ただし、複数の仮想マシンが同じファイルに同時に書き込むことは VMFS によって防止されるため、すべての必要な ESXi システムに LUN をプロビジョニングすることは適切です。