Virtual SAN はオブジェクトと呼ばれるフレキシブルなデータ コンテナの形でデータを格納および管理します。オブジェクトは、データとメタデータをクラスタ全体に分散し、クラスタ全体からアクセスできるようにする論理ボリュームです。

仮想マシンを Virtual SAN データストアにプロビジョニングするとき、Virtual SAN は仮想ディスクにオブジェクトを作成します。このとき、仮想マシンのすべてのメタデータ ファイルを格納するコンテナ オブジェクトも作成されます。Virtual SAN は単一のクラスタにある複数のオブジェクトを格納および管理できます。

Virtual SAN は、RAID 構成を作成する各オブジェクトを、すべてのオブジェクトのネットワーク経由でプロビジョニングおよび管理します。仮想ディスクにオブジェクトを作成し、クラスタにオブジェクトを分散するとき、Virtual SAN は次のパラメータを検討します。

  • 仮想マシン ストレージ ポリシーの形で管理者によって指定された仮想ディスクの要件。

  • プロビジョニング時点でのクラスタ リソースおよびその使用率。

たとえば、可用性のポリシーに基づき、Virtual SAN は作成するレプリカの数を決定します。一方で、パフォーマンス ポリシーによって、各レプリカのキャッシュに割り当てられた SSD の量と各レプリカに作成するストライプの数が決定されます。

Virtual SAN クラスタとワークロードの増大に伴い、Virtual SAN は仮想ディスクとそのポリシーとの準拠を監視し、必要な調整をしてオブジェクトを準拠状態に戻したり、クラスタ リソースの使用率を最適化したりします。Virtual SAN は、通常のワークロードの実行への再構成の影響を最小化する再構成に使用されるストレージとネットワークのスループットを動的に調整します。