仮想マシンに定義するストレージ ポリシーは、仮想マシンのホーム ファイルと仮想ディスクが仮想マシン内部でアプリケーションを実行するのに必要なストレージ特性を取得します。

ストレージ ポリシーを作成すると、ストレージ システムによってアドバタイズされたストレージ機能を参照できます。ユーザー定義のデータストア タグも参照できます。

ストレージ ポリシーとストレージ機能のセマンティックは類似していますが、ストレージ ポリシーはユーザーが仮想マシンに要求するものを記述するのに対し、ストレージ機能はシステムが提供できるものを示します。

ストレージ ポリシーを複数作成してストレージ要件の様々なタイプやクラスを定義できます。

各ストレージ ポリシーは同時に適用する制約のセットというだけではありません。単一のポリシーには、同等に許容可能なストレージ要件を表す、代替のサブポリシーのセット (ルール セット) を含むことができます。

仮想マシンのホーム ファイル (.vmx.vmsd.nvram.log など) および仮想ディスク (.vmdk) は、次の表に示すように、別々のストレージ ポリシーを持つことができます。

表 1. 仮想マシンのストレージ ポリシーの例

仮想マシン ファイルの例

ストレージ ポリシーの例

ストレージ ポリシーに準拠したデータストアの例

windows_2008r2_test.vmx

ストレージ ポリシー 2

datastore02、datastore05、datastore10

windows_2008r2_test.vmxf

windows_2008r2_test.log

windows_2008r2_test.nvram

windows_2008r2_test.vmem

windows_2008r2_test.vmsd

windows_2008r2_test.vmdk

ストレージ ポリシー 3

データストア 05

windows_2008r2_test_1.vmdk

ストレージ ポリシー 5

データストア 10

仮想マシンを作成、クローン作成、または移行するときに、ストレージ ポリシーを仮想マシンに適用できます。次に、仮想マシンをポリシー要件を満たす機能を持つデータストアの 1 つに配置することができます。

ポリシーと一致しないデータストアを選択すると、[ポリシー] に仮想マシンが準拠していないストレージを使用していることが表示されます。