ESXi のシステム管理者として、SAN と連携するようにホストを設定しようとする場合は、SAN の概念について実用的な知識が必要です。SAN に関する情報は、印刷物またはインターネットで入手できます。この業界は常に変化しているので、これらの関連資料を頻繁にチェックしてください。

はじめて SAN テクノロジーを使用する場合は、基本的な用語について理解してください。

SAN (ストレージ エリア ネットワーク) は、コンピュータ システム (すなわちホスト サーバ) を高性能なストレージ サブシステムに接続するための専用の高速ネットワークです。SAN コンポーネントには、ホスト サーバ内のホスト バス アダプタ (HBA)、ストレージ トラフィックのルーティングを支援するスイッチのほか、ケーブル、ストレージ プロセッサ (SP)、ストレージ ディスク アレイなどが含まれます。

ネットワークに 1 つ以上のスイッチを持つ SAN トポロジは、SAN ファブリックを形成します。

トラフィックをホスト サーバから共有ストレージに転送するために、SAN は、SCSI コマンドを FC (ファイバ チャネル) フレームにパッケージ化する FC プロトコルを使用します。

サーバに割り当てられていないストレージ アレイへのサーバ アクセスを制限するために、SAN はゾーニングを使用します。通常、ストレージ デバイスおよび LUN の共有グループにアクセスするサーバ グループごとにゾーンを作成します。ゾーンは、どの HBA がどの SP に接続できるかを定義します。ゾーン外のデバイスは、ゾーン内のデバイスから参照できません。

ゾーニングは、アクセス権の管理に広く使用されている LUN マスキングに似ています。LUN マスキングは、LUN をあるホストからは使用できるようにして、別のホストからは使用できないようにする処理です。

ホスト サーバとストレージの間でデータを転送するとき、SAN はマルチパスとよばれる手法を使用します。マルチパスによって、ESXi ホストからストレージ システム上の LUN への複数の物理パスを確保できます。

一般的に、ホストから LUN への 1 つのパスは、HBA、スイッチ ポート、接続用ケーブル、およびストレージ コントローラ ポートから構成されます。パスのコンポーネントで障害が発生した場合、ホストは I/O に使用可能な別のパスを選択します。 障害が発生したパスを検出し、別のパスに切り替えるプロセスは、パスのフェイルオーバーと呼ばれます。