Storage API は、いくつかの vSphere 機能およびソリューションを拡張するコンポーネントを開発するためにサードパーティのハードウェア、ソフトウェアおよびストレージ プロバイダによって使用される API のファミリです。

本書では、以下のとおり Storage API のセットについて、またこれらがストレージ環境でどのように役立つかを説明します。Storage API - Data Protection および Storage API - Site Recovery Manager をはじめとするこのファミリのその他の API の詳細については、VMware の Web サイトを参照してください。

  • Storage APIs - Multipathing (旧 PSA (プラグイン可能なストレージ アーキテクチャ))。PSA は VMkernel API の集合で、この集合を使用することで、ストレージ パートナーは、ESXi リリース スケジュールと非同期のアレイを有効にして認証するだけでなく、アレイごとに最適化されるパフォーマンスの強化、マルチパスおよびロード バランシング動作を提供することを可能にします。詳細については、複数のパスの管理 を参照してください。

  • Storage APIs- Array Integration (旧 VAAI) には次の API が含まれます。

    • ハードウェア アクセラレーション API。アレイは vSphere と統合して、特定のストレージ操作の負荷をアレイに透過的に移行することができます。この統合は、ホストでの CPU オーバーヘッドを大幅に軽減します。ストレージのハードウェア アクセラレーション を参照してください。

    • アレイ シン プロビジョニング API。シン プロビジョニング ストレージ アレイで領域使用を監視して、領域不足の状況を防止し領域の再利用を実行するのに役立ちます。アレイ シン プロビジョニングおよび VMFS データストア を参照してください。

  • Storage API - Storage Awareness。これらの vCenter Server ベースの API によって、ストレージ アレイは構成、機能、ストレージの健全性とイベントについて vCenter Server に通知できます。ストレージ プロバイダの使用 を参照してください。