このオプションは、RDM (Raw デバイス マッピング) ファイルを VMFS ボリュームに作成し、Raw LUN をこのファイルにマッピングします。このマッピングが完了すると、通常の VMFS 仮想ディスクにアクセスする場合と同じように LUN にアクセスできます。マッピングするファイルの長さは、参照する Raw LUN のサイズと同じです。

-r --createrdm device

device パラメータを指定する場合は、次の形式を使用してください。

/vmfs/devices/disks/disk_ID:P