SSD(ソリッド ステート ドライブ)上に VMFS データストアを作成し、これらのデータストアを使用して、ホスト キャッシュの領域を割り当てることができます。ホストは、ホスト キャッシュへのスワップ用に一定量の領域を確保します。

ホスト キャッシュは、ESXi が仮想マシン スワップ ファイルの書き込み戻しキャッシュとして使用する低待ち時間のディスク上のファイルから構成されます。このキャッシュは、このホスト上で実行されているすべての仮想マシンで共有されます。仮想マシン ページのホスト レベルのスワップは、容量にかぎりがある可能性がある SSD 領域を有効活用します。

ホスト キャッシュへのスワップを使用することは、SSD が支援するデータストア上に通常のスワップ ファイルを配置することと同じではありません。ホスト キャッシュへのスワップを有効にした場合でも、ホストでは通常のスワップ ファイルを作成する必要があります。しかし、ホスト キャッシュへのスワップを使用した場合、ホストが通常のスワップ ファイルを配置するストレージの速度の重要性は低くなります。

ホスト キャッシュの構成ページを使用すると、ホストがホスト キャッシュのスワップに使用できるデータストアの容量を表示できます。ホスト キャッシュ構成ページのデータストアのリストには、SSD が支援するデータストアのみ表示されます。

仮想フラッシュ ライセンスがある場合、仮想フラッシュ リソースを使用して、ホストのキャッシュを構成できます。詳細については、VMware vSphere Flash 読み取りキャッシュ について を参照してください。