自動的に検出された SSD デバイスに 非 SSD デバイスとしてタグを付けることができます。

手順

  1. タグを解除するデバイスを識別します。
    esxcli storage nmp device list 

    次のよう出力されます。

    naa.6006016015301d00167ce6e2ddb3de11
    Device Display Name: DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016015301d00167ce6e2ddb3de11)
    Storage Array Type: VMW_SATP_CX
    Storage Array Type Device Config: {navireg ipfilter}
    Path Selection Policy: VMW_PSP_MRU
    Path Selection Policy Device Config: Current Path=vmhba4:C0:T0:L25
    Working Paths: vmhba4:C0:T0:L25
  2. このデバイスに関連付けられた SATP を記録します。
  3. オプション disable_ssd で要求ルールを追加します。
    esxcli storage nmp satp rule add -s SATP --device device_name --option disable_ssd

    次に例を示します。

    esxcli storage nmp satp rule add -s VMW_SATP_CX --device naa.6006016042fa19010a12d9b16d6ade11 --option disable_ssd
  4. デバイスを再要求します。
    esxcli storage core claiming reclaim --device naa.6006016042fa19010a12d9b16d6ade11 
  5. 次のコマンドを実行してデバイスのステータスをチェックします。
    esxcli storage core device list -d device_name

    コマンド出力はディスクのタグが解除されたかどうかを示します。

    Is SSD: false