SAN LUN から起動するように ESXi ホストを設定する前に、SAN コンポーネントとストレージ システムを構成します。

このタスクについて

SAN コンポーネントの構成はベンダーによって異なるので、各コンポーネントの製品ドキュメントを参照してください。

手順

  1. ネットワーク ケーブルを接続します。現在の環境に該当する配線ガイドを参照してください。

    スイッチの接続がある場合、確認します。

  2. ストレージ アレイを構成します。
    1. SAN ストレージ アレイから、SAN で ESXi ホストを参照できるようにします この操作をオブジェクトの作成と呼びます。
    2. SAN ストレージ アレイから、ホストのアダプタの WWPN がポート名またはノード名になるようにホストを設定します。
    3. LUN を作成します。
    4. LUN を割り当てます。
    5. スイッチとストレージ アレイの IP アドレスを記録します。
    6. 各 SP の WWPN を記録します。
    注意:

    インストール スクリプトを使用して、SAN からの起動モードで ESXi をインストールする場合は、誤ってデータが失われないように特別な手順を実行する必要があります。