ストレージ マルチパス プラグインと要求ルールを管理するとき、特定の考慮事項が適用されます。

次の考慮事項がマルチパスに役立ちます。

  • 要求ルールによってデバイスに割り当てられる SATP が存在しない場合、iSCSI デバイスまたは FC デバイスのデフォルト SATP は VMW_SATP_DEFAULT_AA になります。デフォルト PSP は VMW_PSP_FIXED です。

  • システムが SATP ルールを検索して、あるデバイスの SATP を見つけ出す場合、最初にドライバ ルールを検索します。マッチしなければベンダー ルールまたはモデル ルールを検索し、最後にトランスポート ルールを検索します。マッチしなければ、NMP はそのデバイスのデフォルトの SATP を選択します。

  • VMW_SATP_ALUA が特定のストレージ デバイスに割り当てられていて、そのデバイスが ALUA 対応ではない場合、このデバイスにマッチする要求ルールはありません。そのデバイスは、デバイスのトランスポート タイプに基づき、デフォルト SATP が要求します。

  • VMW_SATP_ALUA が要求するすべてのデバイスのデフォルト PSP は VMW_PSP_MRU です。VMW_PSP_MRU は、VMW_SATP_ALUA が報告する有効/最適化状態のパス、または有効/最適化状態のパスがない場合は、有効/非最適化状態のパスを選択します。これよりも状態の良いパスが見つかるまで、このパスが使用されます (MRU)。たとえば現在 VMW_PSP_MRU が有効/非最適化状態のパスを使用していて、有効/最適化状態のパスが使用可能になったとすると、VMW_PSP_MRU は現在のパスを有効/最適化状態のパスにスイッチします。

  • デフォルトでは通常、ALUA アレイに VMW_PSP_MRU が選択されていますが、特定の ALUA ストレージ アレイでは VMW_PSP_FIXED を使用する必要があります。使用しているストレージ アレイで VMW_PSP_FIXED が必要かどうかを確認するには、『VMware 互換性ガイド』を参照するか、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。ALUA アレイで VMW_PSP_FIXED を使用するときは、優先パスを明示的に指定する場合を除き、ESXi ホストで機能している最適なパスを選択してそのパスをデフォルトの優先パスに設定します。ホストで選択したパスが使用できなくなると、ホストは使用可能な代替パスを選択します。ただし、優先パスを明示的に設定すると、ステータスにかかわらず優先パスが使用されます。

  • デフォルトでは、PSA 要求ルール 101 は、Dell アレイ擬似デバイスをマスクします。このデバイスのマスクを解除する場合以外は、このルールを削除しないでください。