esxcli コマンドを使用して、新規のマルチパス PSA 要求ルールをシステムの要求ルール セットに追加します。新規の要求ルールを有効にするには、まずルールを定義し、次にそれを使用しているシステムにロードします。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

新規の PSA 要求ルールを追加するのは、たとえば、新規のマルチパス プラグイン (MPP) をロードし、このモジュールが要求するパスを定義する必要がある場合です。新規のパスを追加して、既存の MPP にそのパスを要求させる場合は、要求ルールの作成が必要になることがあります。

注意:

要求ルールを新規作成するときは、複数の MPP が同一 LUN に対して異なる物理パスを要求しないように注意してください。MPP の 1 つが MASK_PATH MPP である場合を除いて、この構成はパフォーマンス上の問題を起こします。

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

手順

  1. 新規の要求ルールを定義するには、次のコマンドを実行します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule add

    このコマンドには次のオプションがあります。

    オプション

    説明

    -A|--adapter=<str>

    この操作で使用するパスのアダプタを指定します。

    -u|--autoassign

    システムが自動的にルール ID を割り当てます。

    -C|--channel=<long>

    この操作で使用するパスのチャネルを指定します。

    -c|--claimrule-class=<str>

    この操作で使用する要求ルールのクラスを指定します。

    有効な値:MP, Filter, VAAI。

    -d|--device=<str>

    この操作で使用するデバイス Uid を指定します。

    -D|--driver=<str>

    この操作で使用するパスのドライバを指定します。

    -f|--force

    要求ルールで妥当性チェックを無視し、ルールを設定するように強制します。

    --if-unset=<str>

    この上級ユーザー変数が 1 に設定されていない場合にはこのコマンドを実行します。

    -i|--iqn=<str>

    この操作で使用するターゲットの iSCSI 修飾名を指定します。

    -L|--lun=<long>

    この操作で使用するパスの LUN を指定します。

    -M|--model=<str>

    この操作で使用するパスのモデルを指定します。

    -P|--plugin=<str>

    この操作で使用する PSA プラグインを指定します。(必須)

    -r|--rule=<long>

    この操作で使用するルール ID を指定します。

    -T|--target=<long>

    この操作で使用するパスのターゲットを指定します。

    -R|--transport=<str>

    この操作で使用するパスのトランスポートを指定します。

    有効な値:block、fc、iscsi、iscsivendor、ide、sas、sata、usb、parallel、unknown

    -t|--type=<str>

    claim、unclaim、または claimrule で使用する一致のタイプを指定します。

    有効な値:vendor、location、driver、transport、device、target。(必須)

    -V|--vendor=<str>

    この操作で使用するパスのベンダーを指定します。

    --wwnn=<str>

    この操作で使用するターゲットのワールド ワイド ノード番号を指定します。

    --wwpn=<str>

    この操作で使用するターゲットのワールド ワイド ポート番号を指定します。

  2. システムに新規の要求ルールをロードするには、次のコマンドを実行します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule load

    このコマンドは、新規作成されたマルチパスの要求ルールすべてを、システムの構成ファイルからロードします。

マルチパスの要求ルールの定義

次の例では、ルール番号 500 を追加およびロードして、モデル文字列に NewMod およびベンダー文字列に NewVend を持つすべてのパスを NMP プラグインに要求します。

# esxcli --server=server_name storage core claimrule add -r 500 -t vendor -V NewVend -M NewMod -P NMP

# esxcli --server=server_name storage core claimrule load

esxcli --server=server_name storage core claimrule list コマンドを実行すると、リストに新規の要求ルールが表示されることを確認できます。

注:

この要求ルールの 2 つの行 (1 つは runtime クラスで、もう 1 つは file クラス) は、新規の要求ルールがシステムにロードされてアクティブであることを表します。

Rule Class  Rule   Class    Type       Plugin     Matches MP          0      runtime  transport  NMP        transport=usb MP          1      runtime  transport  NMP        transport=sata MP          2      runtime  transport  NMP        transport=ide MP          3      runtime  transport  NMP        transport=block MP          4      runtime  transport  NMP        transport=unknown MP          101    runtime  vendor     MASK_PATH  vendor=DELL model=Universal Xport MP          101    file     vendor     MASK_PATH  vendor=DELL model=Universal Xport MP          500    runtime  vendor     NMP        vendor=NewVend model=NewMod MP          500    file     vendor     NMP        vendor=NewVend model=NewMod