ESXi ホストが QLogic HBA などの独立型ハードウェア iSCSI アダプタを使用する場合には、SAN から起動するようにアダプタを構成する必要があります。

始める前に

最初に VMware インストール メディアから起動する必要があるので、CD/DVD-ROM から起動するようにホストを設定します。そのためには、システム BIOS セットアップのシステム起動シーケンスを変更します。

このタスクについて

この手順では、QLogic iSCSI HBA が SAN から起動できるように構成する方法を説明します。QLogic アダプタ構成設定の詳細および最新の情報については、QLogic の Web サイトを参照してください。

手順

  1. インストール CD/DVD を CD/DVD-ROM ドライブに挿入し、ホストを再起動します。
  2. BIOS を使用して、最初に CD/DVD-ROM ドライブから起動するようにホストを設定します。
  3. サーバが POST で送信中に Crtl + q を押し、QLogic iSCSI HBA 構成メニューに入ります。
  4. 構成する I/O ポートを選択します。

    デフォルトで、アダプタの起動モードは無効に設定されます。

  5. HBA を構成します。
    1. Fast!UTIL オプション メニューから、構成設定 > ホスト アダプタの設定 を選択します。
    2. ホスト アダプタのイニシエータ IP アドレス、サブネット マスク、ゲートウェイ、イニシエータ iSCSI 名、および CHAP (必要に応じて) の設定を構成します。
  6. iSCSI 設定を構成します。

    iSCSI 起動設定の構成 を参照してください。

  7. 変更内容を保存し、システムを再起動します。