仮想マシン オブジェクトにポリシーを関連付け、仮想マシンおよび仮想ディスクを実行するデータストアを選択すると、仮想マシンおよび仮想ディスクがポリシーに準拠しているデータストアを使用しているかどうかを確認できます。

始める前に

ストレージ ポリシーのコンプライアンス チェックを実行するには、そのポリシーを少なくとも 1 つの仮想マシンまたは仮想ディスクと関連付けます。

このタスクについて

仮想マシンのホストまたはクラスタでストレージ ポリシーが無効にされている場合に仮想マシンのコンプライアンスを確認すると、機能が無効であるため確認の結果は非準拠となります。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、ルールおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  2. ストレージ ポリシーをダブルクリックします。
  3. 監視 タブをクリックし、仮想マシンと仮想ディスク をクリックします。
  4. 仮想マシン ストレージ ポリシーのコンプライアンス チェックのトリガ をクリックします。

    [コンプライアンス ステータス] 列に仮想マシンおよびポリシーのストレージのコンプライアンス ステータスが表示されます。

    コンプライアンス ステータス

    説明

    準拠

    仮想マシンまたは仮想ディスクが使用するデータストアには、ポリシーで必要とされるストレージ機能があります。

    非準拠

    データストアは特定のストレージ要件をサポートしますが、現在は仮想マシン ストレージ ポリシーを満たすことができません。たとえば、データストアをバックアップする物理リソースが使用不可またはすべて使用済みの場合に、ステータスが「非準拠」になることがあります。ホストやディスクをクラスタに追加する方法などで、物理構成を変更するとデータベースを準拠させることができます。その他のリソースが仮想マシン ストレージ ポリシーを満たす場合は、ステータスが「準拠」に変わります。

    旧バージョン

    このステータスは、ポリシーが編集されており、新しい要件が仮想マシン オブジェクトが存在するデータストアに伝送されていないことを示しています。変更を伝送するには、ポリシーを旧バージョンのオブジェクトに再適用します。

    該当なし

    ストレージ ポリシーが、仮想マシンが存在するデータストアにサポートされていないデータストア機能を参照しています。

次のタスク

非準拠データストアを準拠データストアにできない場合は、ファイルまたは仮想ディスクを互換性のあるデータストアに移行します。互換性のない仮想マシン向けの互換性のあるストレージ リソースの検索 を参照してください。

ステータスが 「期限切れ」 の場合には、ポリシーをオブジェクトに再適用します。仮想マシン ストレージ ポリシーの再適用 を参照してください。