動的検出では、イニシエータが指定された iSCSI ストレージ システムに接続するたびに、SendTargets 要求がシステムに送信されます。iSCSI システムは、使用可能なターゲットのリストをイニシエータに提供することで応答します。

始める前に

必要な権限: ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

このタスクについて

動的検出を設定する際に行えるのは、新しい iSCSI システムを追加することだけです。既存の iSCSI システムの IP アドレス、DNS 名、またはポート番号は変更できません。これを変更するには、既存のシステムを削除して新しいターゲットを追加します。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ストレージ をクリックします。
  3. ストレージ アダプタ をクリックし、構成する iSCSI アダプタをリストから選択します。
  4. [アダプタの詳細] で、ターゲット をクリックし、 動的検出 をクリックします。
  5. [Add] をクリックします。
  6. ストレージ システムの IP アドレスまたは DNS 名を入力し、OK をクリックします。
  7. iSCSI アダプタを再スキャンします。

タスクの結果

iSCSI システムとの SendTargets セッションが確立された後、ホストは新たに検出されたすべてのターゲットで静的検出リストを作成します。