ESXi ホストを SAN と正常に連携させるには、いくつかの要件を満たす必要があります。

  • SAN ストレージ ハードウェアとファームウェアの組み合わせが、ESXi システムとの併用でサポートされていることを確認します。最新のリストは、『vSphere 互換性ガイド』を参照してください。

  • LUN ごとに VMFS データストアが 1 つのみ存在するようにシステムを構成します。

  • ディスクレス サーバを使用していない場合には、ローカル ストレージで診断パーティションを設定します。iSCSI SAN から起動するディスクレス サーバを使用する場合には、iSCSI による診断パーティションの詳細については、iSCSI SAN からの起動に関する一般的推奨事項を参照してください。

  • Raw ディスクへのアクセスには RDM を使用します。詳細については、Raw デバイス マッピング を参照してください。

  • ゲスト OS の SCSI コントローラ ドライバを、十分に大きなキューに設定します。iSCSI アダプタと仮想マシンのキューの深さの変更の詳細は、『vSphere トラブルシューティング』を参照してください。

  • Microsoft Windows を実行する仮想マシンでは、Windows がパスのフェイルオーバーによって発生する遅延 I/O をさらに許容できるように、SCSI の TimeoutValue パラメータの値を増やします。詳細については、Windows ゲスト OS にタイムアウトを設定 を参照してください。