vCenter Server は、基盤となる物理ストレージおよびソフトウェア定義によるストレージからストレージ プロバイダが収集する情報を取得するストレージ プロバイダと通信します。これで vCenter Server は vSphere Web Client でストレージ データを表示できます。

ストレージ プロバイダが提供する情報は、次のカテゴリに区分できます。

  • ストレージ トポロジ。ストレージ要素に関する情報は、ストレージ レポートに表示されます。ストレージ アレイ、アレイ ID などのデータが含まれます。

    このタイプの情報は、仮想マシン-ストレージの関係および構成を追跡する、または物理ストレージ構成における変更を識別する必要があるときに役に立ちます。

    詳細については、『vSphere の監視およびパフォーマンス』ドキュメントを参照してください。

  • ベンダー固有のストレージ機能。ストレージ プロバイダは、基盤となるストレージが提供する特性とサービスに関する情報を収集して通信します。

    ストレージ ポリシーの仮想マシンおよび仮想ディスクのストレージ要件を定義するときに、これらの機能を参照します。このストレージ ポリシーを使用する仮想マシンが、特定のレベルのキャパシティ、パフォーマンス、可用性、冗長性などが保証された互換性のあるストレージに配置されます。詳細については、ストレージ機能について を参照してください。

  • ストレージ ステータス。このカテゴリには、さまざまなストレージ エンティティのステータスに関するレポートが含まれています。構成の変更に関して通知するアラームやイベントも含まれています。

    このタイプの情報は、ストレージの接続やパフォーマンスの問題を解決するのに役立ちます。アレイ生成イベントおよびアラームをアレイ上での対応するパフォーマンスおよびロードの変化と関連付ける場合も役に立ちます。