Virtual SAN クラスタのメンバーであるホストは、シャットダウン、再起動または切断する前にメンテナンス モードにする必要があります。ホストをメンテナンス モードにすると、特定の退避メカニズムを選択できます。Virtual SAN クラスタのメンバー ノードをメンテナンス モードにすると、メンバー ノードがクラスタにストレージを提供しなくなるので、クラスタ容量が自動的に減少します。

始める前に

選択するオプションに必要な機能が使用環境にあることを確認します。

手順

  1. ホストを右クリックして メンテナンス モードへの切り替え を選択します。
  2. 退避モードを 1 つ選択し、OK をクリックします。

    オプション

    説明

    アクセシビリティの確保

    デフォルトのオプションです。クラスタでホストをパワーオフまたは削除すると、Virtual SAN によってこのホストのすべてのアクセス可能な仮想マシンはアクセス可能なままになります。通常、部分的なデータ退避だけが必要です。

    アップグレードのインストールなど、ホストを一時的にクラスタから外し、後で戻す場合にこのオプションを選択します。このオプションはクラスタからホストを恒久的に削除する場合には適切ではありません。

    全データの移行

    Virtual SAN によってすべてのデータをクラスタの別のホストに退避させ、クラスタで影響のあるコンポーネントの可用性の整合性を維持または修正します。このオプションでは大量のデータを転送するため、時間とリソースの消費が最も多くなります。このオプションはホストを恒久的に移行する場合に選択します。クラスタの最後のホストからデータを退避させたら、仮想マシンを別のデータストアに移行してホストをメンテナンス モードにします。

    注:

    データがホスト上にある仮想マシン オブジェクトにアクセスができず、完全に退避できない場合には、ホストはメンテナンス モードに切り替わりません。

    データの移行なし

    Virtual SAN はこのホストからデータを退避させません。クラスタからホストをパワーオフまたは削除した場合、仮想マシンによってはアクセス不可能になる可能性があります。