VMFS データストアは、仮想マシンのリポジトリとして機能します。ファイバ チャネル、iSCSI、およびローカル ストレージ デバイスなど、ホストが検出する SCSI ベースのストレージ デバイス上に、VMFS データストアを設定できます。

始める前に

  • ストレージで必要なアダプタをインストールおよび構成する必要があります。アダプタを再スキャンして、新しく追加されたストレージ デバイスを検出します。

  • vSphere Web Client ナビゲータでデータストアに移動して参照します。vSphere Web Client でのデータストア情報の表示 を参照してください。

手順

  1. [新しいデータストアの作成] アイコンをクリックします。
  2. データストア名を入力し、必要に応じてデータストアの配置場所を選択します。

    vSphere Web Client ではデータストア名が強制的に 42 文字に制限されます。

  3. データストア タイプに VMFS を選択します。
  4. データストアに使用するデバイスを選択します。
    重要:

    選択するデバイスは、[スナップショット ボリューム] 列に値が表示されていない必要があります。値が表示されている場合、デバイスには既存の VMFS データストアのコピーが含まれています。データストアのコピーの管理については、重複 VMFS データストアの管理 を参照してください。

  5. VMFS バージョンを選択します。

    オプション

    説明

    VMFS5

    2TB 以上の LUN サポートを可能にします。

    VMFS3

    5.0 未満の ESX/ESXi ホスト バージョンがデータストアにアクセスすることを可能にします。

  6. パーティション構成を指定します。

    オプション

    説明

    すべての利用可能なパーティションを利用

    ディスク全体を 1 つの VMFS データストア専用にします。このオプションを選択すると、現在このデバイスに保存されているすべてのファイル システムやデータは消去されます。

    空き領域の使用

    ディスクの残りの空き領域に VMFS データストアをデプロイします。

  7. (オプション) : データストアに割り当てられた領域が大きすぎる場合は、[データストア サイズ] フィールドで容量の値を調整します。

    デフォルトでは、ストレージ デバイスの空き領域がすべて割り当てられます。

  8. VMFS3 バージョンでは、最大ファイル サイズを選択します。
  9. 終了準備の完了ページで、データストア構成情報を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

SCSI ベースのストレージ デバイス上にデータストアが作成されます。デバイスへのアクセス権を持つすべてのホストがそれを使用できます。