SAN から ESXi を起動するよう Emulex HBA BIOS を構成するには、BIOS を有効にする必要があります。

手順

  1. ホストを再起動します。
  2. アダプタのパラメータを構成するには、Emulex のプロンプトで ALT + E を押して次の手順に従います。
    1. アダプタ (および BIOS サポート) を選択します。
    2. 2. このアダプタのパラメータを構成 を選択します。
    3. 1. BIOS の有効化または無効化 を選択します。
    4. 1 を選択して BIOS を有効にします。
    5. x を選択して終了し、Esc を選択して前のメニューに戻ります。
  3. 起動デバイスを構成するには、Emulex のメイン メニューから次の手順に従います。
    1. 同じアダプタを選択します。
    2. 1. 起動デバイスの構成 を選択します。
    3. 起動エントリーの場所を選択します。
    4. 2 桁の起動デバイスを入力します。
    5. 2 桁 (16 進数) の起動 LUN を入力します (08 など)。
    6. 起動 LUN を選択します。
    7. 1. WWPN を選択します(DID ではなく WWPN を使用してこのデバイスを起動します)。
    8. x を選択して終了し、Y を選択して再起動します。
  4. 起動してシステム BIOS に入り、起動コントローラ シーケンスで Emulex を先頭に移動します。
  5. SAN LUN で再起動し、インストールします。