ローカル ストレージは、ESXi ホスト内にある内部ハード ディスク、またはホスト外にあり、SAS や SATA などのプロトコルによってホストに直接接続されている外部ストレージ システムです。

ローカル ストレージには、ホストと通信するストレージ ネットワークが必要ありません。ストレージ ユニットに接続するケーブルと、必要に応じて互換性のある HBA がホスト内に必要です。

次の図に、ローカル SCSI ストレージを使用する仮想マシンを示します。

図 1. ローカル ストレージ
ホストがローカル ストレージにアクセスします。

この例のローカル ストレージ トポロジでは、ホストはストレージ ディスクへの接続を 1 つ使用しています。このディスクで、仮想マシンのディスク ファイルの格納に使用する VMFS データストアを作成できます。

このストレージ構成は可能ですが、推奨するトポロジではありません。ストレージ アレイとホスト間で単一の接続を使用すると、接続の信頼性が低下したり障害が発生したりした場合に、単一点障害(SPOF)が発生し、動作が中断されることがあります。ただし、ローカル ストレージ デバイスの大半は複数の接続をサポートしていないので、複数のパスを使用してローカル ストレージにアクセスすることはできません。

ESXi は、SCSI、IDE、SATA、USB、および SAS など、さまざまなローカル ストレージ デバイスをサポートしています。使用するストレージのタイプにかかわらず、ホストは仮想マシンから物理ストレージ レイヤーを隠蔽します。

注:

IDE/ATA または USB ドライブを使用して仮想マシンを格納することはできません。

ローカル ストレージは、複数のホスト間での共有をサポートしません。1 台のホストのみがローカル ストレージ デバイスのデータストアにアクセスできます。そのため、ローカル ストレージを使用して仮想マシンを作成できますが、共有ストレージが必要な VMware 機能(HA や vMotion など)を使用できません。

ただし、ローカル ストレージ デバイスのみを持つホストのクラスタを使用すると、Virtual SAN または vSphere Storage Appliance を実装できます。両方のテクノロジーを利用して、ローカル ストレージ リソースをソフトウェア定義による共有ストレージに変換し、共有ストレージが必要な機能を使用できます。詳細については、『Virtual SAN の操作』または『vSphere ストレージ アプライアンス』ドキュメントを参照してください。