iSCSI アダプタがネットワーク上のアクセス可能なストレージ リソースを特定できるように、ターゲット検出アドレスを設定します。

ESXi システムは、次の検出方法をサポートしています。

動的検出

SendTargets 検出とも呼ばれます。イニシエータが指定された iSCSI サーバに接続するたびに、イニシエータはターゲットの SendTargets 要求をサーバに送信します。サーバは、使用可能なターゲットのリストをイニシエータに提供することで応答します。これらのターゲットの名前および IP アドレスは、静的検出 タブに表示されます。動的検出で追加された静的ターゲットを削除する場合、このターゲットは、次回の再スキャン実行時、HBA のリセット時、またはホストの再起動時にリストに戻すことができます。

静的検出

イニシエータは検出を実行する必要がありません。イニシエータは、接続可能なすべてのターゲットのリストを所有しており、そのターゲットの IP アドレスおよびドメイン名を使用してターゲットと通信します。