アトミック テスト アンド セット (ATS) のロックをサポートするデバイスで VMFS5 データストアを作成する場合、データストアは ATS 専用モードに設定されます。特定の状況では、ATS モード設定をオフにすることが必要になります。

このタスクについて

ATS 設定は、たとえば、ストレージ デバイスがダウングレードされた場合、ファームウェアの更新に失敗した場合、デバイスでハードウェア アクセラレーションがサポートされなくなった場合などにオフにします。ATS 設定をオフにする際に使用できるオプションは、ESXi Shell でのみ使用できます。詳細については、Getting Started with vSphere Command-Line Interfacesを参照してください。

手順

ATS 設定をオフにするには、次のコマンドを実行します。
vmkfstools --configATSOnly 0 デバイス

device パラメータは、VMFS5 がデプロイされたヘッド エクステント デバイスへのパスです。次の形式を使用します。

/vmfs/devices/disks/disk_ID:P

注:

VMFS5 データストアを共有する ESXi ホストの 1 つでこのコマンドを実行すれば十分です。他のホストは自動的に変更を認識します。