WWN 設定を RDM ディスクを持つ仮想マシンに割り当てます。

始める前に

RDM ディスクを持つ仮想マシンを作成します。vSphere Web Client での RDM を使用した仮想マシンの作成 を参照してください。

このタスクについて

1 ~ 16 個の WWN ペアを作成し、ホストの最初の 1 ~ 16 個の物理 FC HBA にマッピングできます。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンを参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  3. 仮想マシン オプション をクリックします。
  4. ファイバ チャネル NPIV の三角形をクリックして、NPIV オプションを展開します。
  5. この仮想マシンのチェック ボックスの NPIV を 一時的に無効にします。
  6. 新しい WWN を生成する を選択します。
  7. WWNN と WWPN の数を指定します。

    NPIV を使用したフェイルオーバーをサポートするには最低 2 つの WWPN が必要です。通常は各仮想マシンに WWNN を 1 つだけ作成します。

タスクの結果

ホストによって仮想マシンの WWN 割り当てが作成されます。

次のタスク

仮想マシンがスイッチにログインできるように、新規に作成した WWN をファブリックに登録し、ストレージ LUN を WWN に割り当てます。