Virtual SAN には、正しく構成されたネットワーク インターフェイスが必要です。

Virtual SAN クラスタのホストは Virtual SAN ネットワークの一部であり、同じサブネットに配置されている必要があります。各ホスト上に、少なくとも 1 つの Virtual SAN インターフェイスを構成します。ホストでストレージが提供されるかどうかに関係なく、クラスタ内のすべてのホストにこのインターフェイスを構成する必要があります。

注:

Virtual SAN は IPv6 をサポートしていません。

次のガイドラインに従ってください。

  • Virtual SAN には専用の 1Gb のネットワークが必要です。ベスト プラクティスとして、10Gb のネットワークを使用してください。

  • 各ホストで、少なくとも 1 つの 1Gb 物理イーサネット NIC を Virtual SAN に用意します。フェイルオーバー NIC として 1 つの追加物理 NIC をプロビジョニングすることもできます。

  • 各ホストで vSphere 標準スイッチを使用するか、vSphere Distributed Switch を含む環境を構成できます。

  • Virtual SAN 用に使用する各ネットワークに対して、Virtual SAN のポート プロパティをアクティブ化した VMkernel ポート グループを構成します。

  • 各ポート グループに対して同じ Virtual SAN ネットワーク ラベルを使用し、すべてのホスト間でラベルが一貫性を保つようにします。

  • 最高のパフォーマンスを得るには、ジャンボ フレームを使用してください。

  • Virtual SAN は、IP ハッシュに基づくロード バランシングをサポートしていますが、すべての設定についてパフォーマンスの向上を保証することはできません。Virtual SAN が多くの受信者に使用されている場合は、IP ハッシュのメリットを享受することができます。この場合、IP ハッシュがロード バランシングを行います。ただし、Virtual SAN が唯一の受信者である場合は、変化が見られない可能性があります。これは特に 1G 環境に適用されます。たとえば、Virtual SAN について 4 つの 1G 物理アダプタと IP ハッシュを使用している場合、1G を超えて使用することはできない可能性があります。これは、現在サポートしているすべての NIC のチーミング ポリシーにも適用されます。NIC チーミングに関する詳細情報は、『vSphere ネットワーク ガイド』の「ネットワーク ポリシー」セクションを参照してください。

  • Virtual SAN では、ロード バランシングのために同じサブネット上の複数の VMkernel アダプタはサポートされません。VLAN または別の物理ファブリックなどの異なるネットワーク上の複数の VMkernel アダプタがサポートされています。

  • Virtual SAN に参加しているすべてのホストを、マルチキャスト(IGMP スヌーピング)が有効な単一の L2 ネットワークに接続する必要があります。ホストが複数のスイッチまたは L3 境界にまたがる Virtual SAN に参加している場合、ネットワークがマルチキャスト接続が有効になるよう正しく設定されているか確認する必要があります。ネットワーク環境で必要な場合、あるいは同じ L2 ネットワーク上で複数の Virtual SAN クラスタを実行している場合は、マルチキャスト アドレスをデフォルトから変更できます。

詳細については、『vSphere ネットワーク』ドキュメントを参照してください。