ESXi ホストは、複数のストレージ アレイ (異なるベンダーからのアレイを含む) から提供されるストレージ デバイスにアクセスできます。

異なるベンダーからの複数のアレイを使用するとき、次の点に注意してください。

  • ホストが複数のアレイに同じストレージ アレイ タイプ プラグイン (SATP) を使用している場合、その SATP のデフォルトのパス選択ポリシー (PSP) の変更が必要なときには注意してください。変更は、すべてのアレイに適用されます。SATP および PSP については、マルチパスとフェイルオーバーについて を参照してください。

  • 一部のストレージ アレイには、キューの深さやその他の設定に関する推奨があります。通常、これらの設定は ESXi ホスト レベルでグローバルに構成されます。1 台のアレイに変更を行うと、ホストへの LUN を提供する他のアレイにも影響を及ぼします。キューの深さの変更については、http://kb.vmware.com/kb/1267 で当社のナレッジ ベースの記事を参照してください。

  • ファイバ チャネル アレイに対して ESXi ホストをゾーニングする場合には、1 ターゲット 1 イニシエータ ゾーニングを使用します。このタイプの構成では、1 台のアレイで発生したファブリックに関するイベントは他のアレイに影響を及ぼしません。ゾーニングに関する詳細は、ゾーニングとファイバ チャネル SAN との併用を参照してください。