仮想マシンのストレージ ポリシーを定義する場合は、ホーム ファイルや仮想ディスクなど、仮想マシン オブジェクトのストレージ要件を指定します。

始める前に

システム定義ストレージ機能をストレージ ポリシーに含める予定の場合は、適切なストレージ プロバイダを登録していることを確認します。ストレージ プロバイダの使用 を参照してください。

このタスクについて

各ストレージ ポリシーは、ストレージ システムによってアドバタイズされたストレージ機能、またはユーザー定義データストア タグを参照できます。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、ルールおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコンをクリックします。
  3. vCenter Server インスタンスを選択します。
  4. ストレージ ポリシーの名前と説明を入力します。
  5. ルール セット 1 画面に、最初のルール セットを定義します。
    1. [ベンダー固有の機能に基づくルール] ドロップダウン ボックスからストレージ プロバイダを選択します。

      ページが展開され、システム定義機能が表示されます。

    2. 機能を追加し、その値を指定します。

      指定する値が、ストレージ システムの機能プロファイルによってアドバタイズされる値の範囲内であることを確認します。

    3. (オプション) : ユーザー定義機能を追加します。タグ ベースのルールの追加または編集 を参照してください。
  6. (オプション) : 別のルール セットを追加します。
  7. このポリシーと一致するデータストアのリストを確認します。

    データストアが適格と見なされるために、ポリシー内のすべてのルール セットを満たす必要はありません。データストアは、少なくとも 1 つのルール セットと、そのセット内のすべてのルールを満たす必要があります。

  8. ポリシー情報が正しいことを確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいストレージ ポリシーが使用可能なポリシーのリストに表示されます。

次のタスク

仮想マシンのホーム ファイルとその仮想ディスクにポリシーを適用します。