適切なバックアップ戦略をとることは、SAN 管理にとって最重要事です。SAN 環境では、バックアップの目的は 2 つあります。最初の目的は、オンライン データをオフライン メディアにアーカイブすることです。このプロセスは、すべてのオンライン データに対して、定期的にスケジュールに従って繰り返されます。もう 1 つの目的は、問題からリカバリするために、オフラインデータへのアクセスを提供することです。たとえば、データベースのリカバリでは、現在オンラインではないアーカイブされたログ ファイルの取得がしばしば必要となります。

バックアップのスケジューリングは、次のような多くの要因に依存します。

  • 一定の期間内により頻繁なバックアップ サイクルを必要とする重要なアプリケーションの特定。

  • リカバリ ポイントとリカバリ時間の目標。必要なリカバリ ポイントの正確さと、リカバリを待つことができる時間の長さについて考えます。

  • データに関連付けられた変更率 (RoC)。たとえば、同期/非同期レプリケーションを使用している場合、RoC が、プライマリ ストレージ デバイスとセカンダリ ストレージ デバイスの間で必要なバンド幅の量に影響を与えます。

  • SAN 環境、(バックアップ中の) ストレージ パフォーマンス、およびその他のアプリケーションに与える全体的な影響。

  • SAN のピーク トラフィック時間の特定 (ピーク時間にスケジュールされたバックアップは、アプリケーションおよびバックアップ プロセスの速度を低下させることがあります)。

  • データ センター内のすべてのバックアップをスケジュールする時間。

  • 個別のアプリケーションをバックアップするために必要な時間。

  • データのアーカイブに使用できるリソース。 通常はオフライン メディア アクセス (テープ) です。

バックアップ計画を立てるときには、アプリケーションごとのリカバリ時間の目標を含めます。つまり、バックアップを実行するために必要な時間とリソースについて考慮します。たとえば、スケジュール設定したバックアップで大量のデータが保管されるためにリカバリに長時間かかる場合は、バックアップ スケジュールを検討してみてください。バックアップの実行回数を増やすと、1 回にバックアップされるデータの量が少なくなり、リカバリ時間が短縮されます。

特定のアプリケーションを特定の時間枠でリカバリする必要がある場合は、この要件を満たすために、バックアップ プロセスでタイム スケジュールと特別なデータ処理を指定する必要があります。高速リカバリでは、失われたデータ コンポーネントに低速なオフライン メディアでアクセスする必要性を最小限にする、またはなくすために、オンライン ストレージにあるリカバリ ボリュームを使用する必要が生じることがあります。