このオプションは、仮想マシンの作成後、その仮想マシンに割り当てられたディスクのサイズを拡張します。

-X --extendvirtualdisk newSize [kK|mM|gG]

このコマンドを入力する前に、このディスク ファイルを使用する仮想マシンをパワーオフする必要があります。ディスク上のファイル システムを更新することで、ゲスト OS がディスクの新しいサイズを認識して使用し、追加された領域を利用できるようにする必要があります。

注:

拡張後の容量が 2TB 以上になる場合は、仮想 SATA ディスクまたは任意の仮想ディスクをホット拡張できません。

newSize パラメータをキロバイト、メガバイト、またはギガバイトで指定するには、末尾に k (キロバイト)、m (メガバイト)、または g (ギガバイト) を追加します。単位のタイプに大文字と小文字の区別はありません。 vmkfstools は、kK のいずれもキロバイトとして認識されます。単位のタイプを指定しない場合、vmkfstools ではデフォルトでキロバイトに設定されます。

newSize パラメータは、ディスクに追加するサイズではなく、新しいサイズ全体を定義します。

たとえば、4g の仮想ディスクを 1g 分拡張するには、次のように入力します。 vmkfstools -X 5g disk name

-d eagerzeroedthick オプションを使用することによって、仮想ディスクを eagerzeroedthick フォーマットに拡張できます。

注:

スナップショットが関連付けられている仮想マシンの基本ディスクを拡張しないでください。拡張すると、スナップショットのコミットや、ベース ディスクの元のサイズへの復元ができなくなります。