ESXi ホストを起動またはストレージ アダプタを再スキャンすると、ホストは利用可能なストレージ デバイスへのすべての物理パスを検出します。要求ルール セットに基づき、ホストはどのマルチパス プラグイン (MPP) が特定のデバイスへの複数のパスを要求し、そのデバイスのマルチパス サポートを管理すべきかを判断します。

デフォルトでは、ホストは 5 分おきに周期的なパス評価を行い、要求を受けていないパスがあれば、適切な MPP が要求するようにします。

要求ルールには番号がつけられています。各物理パスに対し、ホストは最も小さい番号から要求ルールを調べていきます。物理パスの属性が、要求ルールのパス仕様と比較されます。一致すると、ホストは要求ルールに指定された MPP を物理パスの管理に割り当てます。これは、すべての物理パスが、対応する MPP (サードパーティ製またはネイティブのマルチパス プラグイン (NMP)) によって要求されるまで続けられます。

NMP モジュールにより管理されているパスについては、別の要求ルール セットが適用されます。 これらの要求ルールにより、特定のアレイ タイプのパスの管理にどのストレージ アレイ タイプ プラグイン (SATP) を使用し、各ストレージ デバイスに対しどのパス選択プラグイン (PSP) を使用すべきかを判断します。

vSphere Web Client を使用して、ホストが特定のストレージ デバイスに対してどの SATP と PSP を使用しているのかを表示し、そのストレージ デバイスに使用可能なすべてのパスの状態を表示します。デフォルトの VMware PSP は、必要に応じてクライアントで変更できます。デフォルトの SATP を変更するには、vSphere CLI を使用して要求ルールを変更する必要があります。

要求ルールの変更については、ストレージ パスおよびマルチパス プラグインの管理 を参照してください。

PSA の管理に使用できるコマンドの詳細については、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

ストレージ アレイの完全なリストと対応する SATP および PSP については、『vSphere Compatibility Guide』の「SAN Array Model Reference」(SAN アレイ モデル リファレンス)を参照してください。