1 つの vSphere 標準スイッチを使用して複数の VMkernel アダプタを複数のネットワーク アダプタに接続する場合は、それぞれの VMkernel アダプタに対してアクティブな物理ネットワーク アダプタが 1 つだけになるようネットワーク ポリシーを設定します。

始める前に

VMkernel を iSCSI トラフィック用に指定された物理ネットワーク アダプタに接続する vSphere 標準スイッチを作成します。VMkernel アダプタの数は、vSphere 標準スイッチ上の物理アダプタの数に対応している必要があります。

このタスクについて

デフォルトでは、vSphere 標準スイッチ上の VMkernel アダプタごとに、すべてのネットワーク アダプタがアクティブなアダプタとして表示されます。この設定をオーバーライドして、各 VMkernel アダプタが、対応する 1 つのアクティブな物理アダプタのみにマッピングするようにしてください。たとえば、vmk1 は vmnic1 にマッピングし、vmk2 は vmnic2 にマッピングする、というようにします。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ネットワーク をクリックします。
  3. 仮想スイッチ をクリックし、リストから、変更する vSphere スイッチを選択します。
  4. vSwitch 図で VMkernel アダプタを選択し、設定の編集 アイコンをクリックします。
  5. 設定の編集 ウィザードで、チーミングおよびフェイルオーバー をクリックし、[フェイルオーバーの順序] で オーバーライド をクリックします。
  6. 1 つの物理アダプタのみをアクティブなアダプタとして指定し、残りのすべてのアダプタを 未使用のアダプタ カテゴリに移動します。
  7. vSphere 標準スイッチ上の各 iSCSI VMkernel インターフェイスについて、4 から 6 までを繰り返します。

iSCSI ネットワーク ポリシー

次の表は、正しい iSCSI マッピングを示しています。ここでは、VMkernel アダプタごとのアクティブな物理ネットワーク アダプタが 1 つのみとなっています。

VMkernel アダプタ (vmk#)

物理ネットワーク アダプタ (vmnic#)

vmk1

有効なアダプタ

vmnic1

未使用アダプタ

vmnic2

vmk2

有効なアダプタ

vmnic2

未使用アダプタ

vmnic1

次のタスク

このタスクを実行したあと、仮想 VMkernel アダプタを、ソフトウェア iSCSI アダプタまたは依存型ハードウェア iSCSI アダプタにバインドします。