ソフトウェア iSCSI アダプタを有効にして、ホストが iSCSI ストレージへのアクセスに使用できるようにする必要があります。

始める前に

必要な権限: ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

注:

ソフトウェア iSCSI アダプタを使用して iSCSI から起動する場合、最初の起動時にアダプタが有効になり、ネットワーク構成が作成されます。アダプタを無効にした場合、ホストを起動するたびに再度有効化されます。

このタスクについて

有効にできるソフトウェア iSCSI アダプタは 1 つだけです。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ストレージ をクリックします。
  3. ストレージ アダプタ をクリックして、追加 をクリックします。
  4. ソフトウェア iSCSI アダプタ を選択し、アダプタを追加することを確定します。

タスクの結果

ソフトウェア iSCSI アダプタ (vmhba#) が有効になり、ストレージ アダプタのリストに表示されます。アダプタを有効にすると、ホストによってデフォルトの iSCSI 名が割り当てられます。デフォルトの名前を変更する必要がある場合は、iSCSI の命名規則に従ってください。

次のタスク

アダプタを選択し、[アダプタの詳細] セクションを使用して構成を完了します。