iSCSI ヘッダおよびデータの整合性を保護するために、iSCSI プロトコルにはヘッダ ダイジェストおよびデータ ダイジェストというエラー訂正方法が規定されています。

パラメータは両方ともデフォルトで無効になっていますが、有効にできます。これらのダイジェストは、iSCSI イニシエータとターゲットとの間を両方向に伝送されるヘッダおよび SCSI データにそれぞれ関連しています。

ヘッダおよびデータのダイジェストでは、TCP やイーサネットなどのほかのネットワーク レイヤーが提供する整合性検査に加え、暗号化されていないエンドツーエンドのデータの整合性を検査します。ここでは、ルータ、スイッチ、プロキシなどのネットワークレベルのトラフィックを変動させる要素も含め、通信経路全体を検査します。

ダイジェストの有無と種類については、iSCSI 接続が確立されたときにネゴシエーションが行われます。イニシエータとターゲットとの間でダイジェスト構成について一致した場合、その二者間の全トラフィックにそのダイジェストを使用する必要があります。

ヘッダおよびデータのダイジェストを有効にすると、イニシエータおよびターゲットの両方に対して追加処理が発生するため、スループットおよび CPU 使用率が影響を受けることがあります。

注:

Intel Nehalem プロセッサを使用しているシステムは、iSCSI ダイジェストの計算をオフロードするため、パフォーマンスへの影響が減少します。

ヘッダー ダイジェストとデータ ダイジェストの詳細は、iSCSI 詳細パラメータの構成を参照してください。