SAN と使用されると、ESXi は、Storage vMotion、DRS(Distributed Resource Scheduler)、High Availability などをはじめとする複数の vSphere の機能の利点を活用できます。

ESXi を SAN と併用すると、次のタスクの実行に効果的です。

ストレージ統合とストレージ レイアウトの簡略化

複数のホストを使用していて、各ホストが複数の仮想マシンを実行している場合、ホストのストレージは不足し、外部ストレージが必要です。外部ストレージとして SAN を選択すると、システム アーキテクチャが単純化される点に加え、その他のメリットもあります。

ダウンタイムなしのメンテナンス

ESXi ホストまたはインフラストラクチャのメンテナンスを実行するとき、vMotion を使用して、仮想マシンをほかのホストに移行します。共有ストレージが SAN にある場合、仮想マシンのユーザーの操作を停止することなく、メンテナンスを実行できます。移行の間、仮想マシンの作業プロセスは続行します。

ロード バランシング

DRS クラスタにホストを追加でき、ホストのリソースはクラスタのリソースの一部になります。クラスタ内にあるすべてのホストおよび仮想マシンの CPU およびメモリ リソースの配分と使用率を継続的に監視します。DRS は理想的なリソースの使用とこれらのメトリックを比較します。理想的な使用は、クラスタのリソース プールと仮想マシンの属性、現在の需要、および不均衡なターゲットを考慮します。次に、それに応じて仮想マシンへの移行を実行 (または推奨) します。

ディザスタ リカバリ

VMware High Availabilityを使用して、複数の ESXi ホストをクラスタとして構成して、仮想マシンで実行中のアプリケーションに、システム停止からの迅速なリカバリと、費用対効果に優れた高可用性を提供します。

アレイの移行とストレージのアップグレードの簡素化

新しいストレージ システムまたはアレイを購入した場合、Storage vMotion を使用して、仮想マシンのユーザーの操作を停止することなく、既存のストレージから新しいターゲットに、仮想マシンのディスク ファイルを自動的にライブ移行できます。