仮想マシン ストレージ ポリシー (正式には仮想マシン ストレージ プロファイルと呼ばれる) を使用して、特定のレベルのキャパシティ、パフォーマンス、可用性、冗長性などが保証されたストレージに仮想マシンが配置されていることを確認します。

ストレージ ポリシーを定義するときに、仮想マシンで実行するアプリケーションのストレージ要件を指定します。このストレージ ポリシーを仮想マシンに適用すると、ストレージ要件を満たすことができる特定のデータストアに仮想マシンが配置されます。

ストレージ ポリシーを使用してストレージの配置を管理します。

  1. ストレージ ポリシーをストレージ プロバイダとともに使用する場合、適切なストレージ プロバイダが登録されていることを確認してください。

    ストレージ プロバイダの使用 を参照してください。

  2. ストレージ機能タグをデータストアに適用します。データストアへのタグの割り当て を参照してください。

  3. ホストまたはクラスタのストレージ ポリシーを有効にします。仮想マシン ストレージ ポリシーの有効化 を参照してください。

  4. 仮想マシンで実行しているアプリケーションの要件を定義することで、ストレージ ポリシーを作成します。仮想マシンのストレージ ポリシーの定義 を参照してください。

  5. ストレージ ポリシーを仮想マシン ファイルまたは仮想ディスクに関連付けます。仮想マシンへのストレージ ポリシーの適用 を参照してください。

  6. 仮想マシンと仮想ディスクが、割り当てられたストレージ ポリシーに準拠するデータストアを使用していることを確認します。仮想マシンのストレージ コンプライアンスの確認 を参照してください。