Virtual SAN は ESXi ホストのローカル物理ストレージ リソースを仮想化し、サービスの質の要件に従って仮想マシンとアプリケーションに振り分けて割り当てることができるストレージのプールに変えます。

ホスト クラスタを作成するときに Virtual SAN を有効にしたり、既存のクラスタで Virtual SAN を有効にしたりすることができます。Virtual SAN が有効になると、ホストで使用可能なすべてのローカル ストレージ ディスクが、すべてのホストによって共有される単一のデータストアに集約されます。後でストレージ デバイスやホストをクラスタに追加して、データストアを拡張できます。

Virtual SAN クラスタ内のホストは同一である必要はありません。たとえば図のホスト 2 のように、ローカル ディスクを持たないホストでも、クラスタに参加して、Virtual SAN データストア上で仮想マシンを実行できます。

ホストが Virtual SAN データストアにローカル ストレージを提供する場合、ホストは 1 つの SSD と、少なくとも 1 つの HDD(データ ディスクとも呼ばれる)を提供する必要があります。提供元ホスト上のディスクは、ディスク グループを形成します。各ディスク グループには、1 つの SSD および少なくとも 1 つ以上のデータ ディスクを含める必要があります。ディスク グループは SSD ディスクを読み取りキャッシュおよび書き込みバッファ用に使用します。一方、データ ディスクは恒久的ストレージ用に使用されます。1 台のホストで複数のディスク グループを使用できます。たとえば、次の図ではホスト 1 には 1 つのディスク グループが含まれていますが、ホスト 3 には 2 つのディスク グループが含まれています。

ホストごとに複数のディスク グループを示している Virtual SAN アーキテクチャ。

Virtual SAN および仮想マシンのストレージ ポリシー

有効になっている場合、Virtual SAN は仮想マシンのストレージ ポリシーに従って機能します。ストレージ ポリシーを使用して、パフォーマンスや可用性など、仮想マシンのストレージ要件をプロファイルの形式で定義します。仮想ディスクが作成されると、ポリシー要件は Virtual SAN レイヤーにプッシュされます。Virtual SAN は指定された要件を満たすために、Virtual SAN データストア全体に仮想ディスクをレイアウトします。

仮想マシンのライフサイクル中、Virtual SAN はポリシーのコンプライアンスを監視して、レポートします。ホスト、ディスク、またはネットワークの障害によってポリシーが非準拠になると、Virtual SAN は修正処理を実行します。影響を受ける仮想マシンのデータを再構成し、クラスタ全体でリソースの使用を最適化します。すべての再構成プロセスは、通常のワークロードに対する影響が最小限に抑えられて実行されます。

Virtual SAN と仮想マシンのストレージ ポリシーがどのように関連するかについては、Virtual SAN とストレージ ポリシー ベースの管理を参照してください。

ストレージ プロファイルの一般的な情報については、仮想マシン ストレージ ポリシーについてを参照してください。