iSCSI から起動するように ESXi ホストを設定するときには、iSCSI 起動の設定を構成する必要があります。

手順

  1. Fast!UTIL オプション メニューから、構成設定 > iSCSI 起動設定 を選択します。
  2. SendTargets を設定する前に、アダプタの起動モードを 手動 に設定します。
  3. プライマリ起動デバイス設定 を選択します。
    1. 検出する ターゲット IP および ターゲット ポート を入力します。
    2. 指定したアドレスに、起動元となる iSCSI ターゲットと LUN がそれぞれ 1 つのみ存在する場合、起動 LUN および iSCSI 名 フィールドは空のままにできます。そのほかの場合、ほかのシステムのボリュームから起動しないように、これらのフィールドを指定する必要があります。これらのフィールドは、ターゲット ストレージ システムまで到達して再スキャンしたあとに使用できるようになります。
    3. 変更内容を保存します。
  4. iSCSI 起動設定 メニューからプライマリ起動デバイスを選択します。新しいターゲット LUN を検出するために、HBA の自動再スキャンが実行されます。
  5. iSCSI ターゲットを選択します。
    注:

    複数の LUN がターゲット内にある場合は、iSCSI デバイスを見つけてから、Enter を押すと、特定の LUN ID を選択できます。

  6. プライマリ起動デバイス設定 メニューに戻ります。再スキャン後、起動 LUN および iSCSI 名 フィールドが使用できます。起動 LUN の値を目的の LUN ID に変更します。