データストア、ストレージ デバイス、およびストレージ アダプタを更新すると、vSphere Web Client に表示されるリストとストレージ情報が更新されます。たとえば、データストアの容量などの情報が更新されます。ストレージ管理作業を実行したり、SAN 構成を変更したりすると、ストレージの再スキャンが必要になる場合があります。

VMFS データストアや RDM の作成、エクステントの追加、VMFS データストアの拡張または縮小など、VMFS データストアの管理操作を実行すると、ホストまたは vCenter Server によって、ストレージが自動的に再スキャンおよび更新されます。自動再スキャン機能は、ホストの再スキャン フィルタをオフにすることで無効にできます。ストレージ フィルタのオフ を参照してください。

場合によっては、手動で再スキャンを実行する必要があります。ホストで使用可能なすべてのストレージを再スキャンできます。 また、vCenter Server を使用している場合は、フォルダ、クラスタ、およびデータ センター内のすべてのホストで使用可能なすべてのストレージを再スキャンできます。

特定のアダプタを介して接続されているストレージに対してのみ変更を行う場合、そのアダプタの再スキャンを実行します。

次のいずれかの変更を行う場合は、その都度、手動で再スキャンを実行します。

  • SAN の新しいディスク アレイをゾーニングした場合。

  • SAN に新しい LUN を作成した場合。

  • ホスト上でパスのマスキングを変更した場合。

  • ケーブルを接続しなおした場合。

  • CHAP 設定を変更した場合 (iSCSI のみ)。

  • 検出アドレスまたは固定アドレスを追加または削除した場合 (iSCSI のみ)。

  • vCenter Server ホストおよび単一ホストによって共有されているデータストアを編集または vCenter Server から削除したあと、vCenter Server に単一ホストを追加した場合。

重要:

パスが使用できないときに再スキャンすると、デバイスのパスのリストからホストはそのパスを削除します。パスが使用可能になり、機能し始めると、リストに再び表示されます。