ゲスト OS として Windows を実行する DS4800 SP は、静止状態になったときに、認識データ Not Ready を返します。Unit Attention を返すと、フェイルオーバー中に Windows ゲストに障害が発生することがあります。

手順

  1. シェル ウィンドウで次のコマンドを使用して、ホスト タイプ LNXCL のインデックスを特定します。

    各コマンドのあとで Enter を押します。

    SMcli.exe ip-addr-for-SPA show hosttopology; Enter SMcli.exe ip-addr-for-SPB show hosttopology

    次のコマンドは、NVSRAM ホスト タイプ定義で LNXCL に対応するインデックスが 13 であることを前提とします。使用中のストレージ プロセッサの LNXCL のインデックスが異なる場合は、次のコマンドのインデックス 13 を置き換えてください。

  2. 次のコマンドを SPA で実行して、認識データ Not Ready を返すようにします。

    すべてのコマンドを入力してから Enter を押します。SMcli.exe ip-addr-for-SPA set controller [a] HostNVSRAMBYTE [13,0x12]=0x01; set controller [a] HostNVSRAMBYTE [13,0x13]=0x00; reset Controller [a]

  3. 次のコマンドを SPB で実行して、認識データ Not Ready を返すようにします。

    すべてのコマンドを入力してから Enter を押します。SMcli.exe ip-addr-for-SPB set controller [b] HostNVSRAMBYTE [13,0x12]=0x01; set controller [b] HostNVSRAMBYTE [13,0x13]=0x00; reset Controller [b]

    注:

    DS4800 Storage Manager の GUI を使用する場合は、両方のストレージ プロセッサの構成コマンドを 1 つのスクリプトに貼り付け、両方のストレージ プロセッサを同時に構成します。SMcli.exe を使用すると、各 SP に対して個別に接続します。