必要な時には常に SSD とタグが付けられたデバイスのタグを解除できます。

このタスクについて

このトピックは、SSD デバイスのタグを解除するために使用する必要があるコマンドをリストします。これらのコマンドに関する詳細は、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』および『vSphere コマンドライン インターフェイスの例』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. タグを解除するデバイスを識別します。
    esxcli storage nmp device list 

    次のよう出力されます。

    naa.6006016015301d00167ce6e2ddb3de11
    Device Display Name: DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016015301d00167ce6e2ddb3de11)
    Storage Array Type: VMW_SATP_CX
    Storage Array Type Device Config: {navireg ipfilter}
    Path Selection Policy: VMW_PSP_MRU
    Path Selection Policy Device Config: Current Path=vmhba4:C0:T0:L25
    Working Paths: vmhba4:C0:T0:L25
  2. このデバイスに関連付けられた SATP を記録します。
  3. デバイスにタグを付けるために使用された要求ルールを削除します。
    esxcli storage nmp satp rule remove -s SATP --device device_name

    次に例を示します。

    esxcli storage nmp satp rule remove -s VMW_SATP_CX --device naa.6006016042fa19010a12d9b16d6ade11
  4. デバイスを再要求します。
    esxcli storage core claiming reclaim --device naa.6006016042fa19010a12d9b16d6ade11 
  5. 次のコマンドを実行してデバイスのステータスをチェックします。
    esxcli storage core device list -d device_name

    コマンド出力はディスクのタグが解除されたかどうかを示します。

    Is SSD: false