Virtual SAN を使用する場合、パフォーマンスや可用性などの仮想マシンのストレージ要件を、ポリシーという形で定義できます。ポリシー要件は、仮想マシンの作成時に Virtual SAN レイヤーにプッシュ ダウンされます。仮想ディスクは Virtual SAN データストア全体に分散されて、要件が満たされます。

ホスト クラスタで Virtual SAN を有効にすると、1 つの Virtual SAN データストアが作成されます。さらに、Virtual SAN を有効にすると、Virtual SAN プロバイダが設定および登録されます。Virtual SAN ストレージ プロバイダは組み込みのソフトウェア コンポーネントで、データストア機能を vCenter Server に報告します。

通常、ストレージ機能はキーと値のペアで表されます。キーはデータストアで提供できる特定のプロパティであり、値は、仮想マシンのメタデータ オブジェクトまたは仮想ディスクなど、プロビジョニングされたオブジェクトに対してデータストアで保証されるメトリックまたは範囲です。また、タグを使用してユーザー定義のストレージ機能を作成し、仮想マシンのストレージ ポリシーを定義するときにそのタグを参照できます。データストアに対するタグの使用方法および適用方法については、「ストレージ機能について」を参照してください。

仮想マシンのストレージ要件が分かっている場合は、データストアで提供される機能を参照するストレージ ポリシーを作成できます。複数のポリシーを作成して、タイプまたはクラスが異なる要件を取得できます。

これらのストレージ ポリシーは、仮想マシンを作成または編集するときに適用できます。

注:

ストレージ ポリシーを仮想マシンに適用しないと、許容する 1 つの障害数およびオブジェクトあたりに 1 つのディスク ストライプを使用するデフォルトの Virtual SAN ポリシーが使用されます。

表 1. ストレージ ポリシーの属性

機能

説明

許容する障害の数

仮想マシン オブジェクトで許容できるホスト、ディスク、またはネットワークの障害の数を定義します。許容する障害の数が n の場合は、仮想マシン オブジェクトの n+1 個のコピーが作成され、ストレージを持つ 2n+1 個のホストが必要になります。

デフォルト値は 1 です。最大値は 3 です。

注:

ホストが Virtual SAN クラスタのメンバーである場合、またそのホスト上の任意の仮想マシン オブジェクトがストレージ ポリシーの「 許容する障害の数 =0」設定を使用している場合、そのホストがメンテナンス モードに入るときに異常な遅延が発生する可能性があります。この遅延は、Virtual SAN がメンテナンス操作を正常に完了するためにこのオブジェクトを退避させる必要があるため発生します。

オブジェクトあたりのディスク ストライプの数

仮想マシン オブジェクトのレプリカがストライピングされる対象の HDD の数。値が 1 より大きい場合、パフォーマンスが向上することがありますが、システム リソースの使用量も増加します。

デフォルト値は 1 です。最大値は 12 です。

オブジェクト スペースの予約

仮想マシンの作成時に予約されるオブジェクトの論理サイズの割合(シック プロビジョニング)。残りのストレージ オブジェクトはシン プロビジョニングされます。この値は、仮想ディスクに Thin Provisioning を選択した場合にのみ適用されます。ディスクがシック プロビジョニングされている場合は、自動的に 100% 予約されます。

デフォルト値は 0% です。最大値は 100% です。

Flash Read Cache の予約

仮想マシン オブジェクトの読み取りキャッシュとして予約されている SSD 容量。オブジェクトの論理サイズの割合として指定されます。読み取りのパフォーマンスの問題の解決にのみ使用されます。予約済みのフラッシュ容量を他のオブジェクトが使用することはできません。予約されていないフラッシュはすべてのオブジェクトで適切に共有されます。

デフォルト値は 0% です。最大値は 100% です。

注:

デフォルトでは、Virtual SAN により需要に基づいてストレージ オブジェクトに読み取りキャッシュが動的に割り当てられます。これは、リソースを最も柔軟かつ最適に使用する方法です。したがって、通常はこのパラメータのデフォルト値である 0 を変更する必要はありません。

パフォーマンスの問題を解決するときに値を増やす場合は、十分に注意してください。複数の仮想マシンにわたってキャッシュ予約をプロビジョニングし過ぎると、SSD 領域が予約過多で無駄になり、特定の時間に領域を必要とするワークステーションに対してサービスを提供てきなくなる可能性があります。これにより、パフォーマンスが低下することがあります。

強制プロビジョニング

オプションを はい に設定すると、ストレージ ポリシーで指定されたポリシーがデータストアで満たすことができない場合でもオブジェクトがプロビジョニングされます。このパラメータは、シナリオをブートストラッピングする場合、および標準のプロビジョニングを行えない停止時に使用します。

ほとんどの本番環境では、デフォルトの いいえ を許容できます。Virtual SAN では、すべての要件を満たすことができない場合でも仮想マシンのプロビジョニングが試行されます。