Virtual SAN を有効にする前に、ご使用の環境ですべての要件が満たされていることを確認してください。

環境で、特定のホストおよびストレージの要件が満たされている必要があります。ネットワーク要件については、Virtual SAN のネットワーク要件およびベスト プラクティスを参照してください。

ホスト要件

ローカル ディスクを提供するホストは 3 台以上必要です。各ホストは、1 つの SSD と少なくとも 1 つの HDD を提供する必要があります。

ESXi 5.5 以降を各ホストにインストールします。クラスタの初期セットアップ中に Virtual SAN クラスタにホストを追加するか、後でホストを追加することができます。

ホストは vCenter Server 5.5 で管理する必要があります。すべてのホストにローカル ストレージが必要なわけではありません。ESXi メモリ要件: 各ホスト上に最低 6 GB の RAM。

ストレージ要件

Virtual SAN がサポートするストレージ デバイスの数は限定されています。これは、vSphere 互換性ガイド に記載されています。環境で、次の要件が満たされている必要があります。

  • 1 つの SAS または SATA あるいは PCIe SSD。Flash Read Cache が SSD を使用していないことを確認してください。VMFS または他のファイル システムを使用して、SSD をフォーマットしないでください。

  • 1 つの SAS または SATA Hard Disk (HDD)。各ホストで、SSD と HDD をディスク グループにまとめます。SSD と HDD の容量の比率は使用事例とワークロードによって異なりますが、ベスト プラクティスは、保護コピーをカウントせずに、各ディスク グループで使用される HDD 容量合計の 10% 以上の SSD 容量を使用することです。ディスク グループの詳細については、ディスク グループの管理を参照してください。

  • RAID0 モードまたはパススルーに設定されている SAS、SATA HBA、または RAID コントローラ。

メモリ要件

1 つのディスク グループに必要な最小メモリ容量は 6 GB です。1 つのディスク グループに 7 つ以上のディスクを含むホストのメモリ要件は 10 GB 以上です。Virtual SAN のメモリ要件の詳細については、『構成の条件』ドキュメントを参照してください。

永続的なログ記録用 USB または SD デバイスの要件

ESXi を USB または SD デバイスにインストールする場合は、4 GB 以上の USB または SD デバイスが最小要件です。16 GB 以上の高品質な USB フラッシュ ドライブを使用することをお勧めします。余分なスペースは、USB または SD デバイス上の拡張コアダンプ パーティションに使用されます。

ローカル ストレージを Virtual SAN に割り当てると、永続的なログ記録で使用できるローカル ディスクまたはデータストアがなくなる可能性があります。これを避けるには、ネットワーク サーバ上で ESXi Dump Collector と Syslog Collector を構成して ESXi メモリ ダンプとシステム ログをリダイレクトします。

USB および SD デバイスの I/O 感度により、インストーラはこれらのデバイス上にはスクラッチ パーティションを作成しません。USB または SD デバイスにインストールする場合、インストーラはスクラッチ領域を使用可能なローカル ディスクまたはデータストアに割り当てようとします。ローカル ディスクまたはデータストアが見つからない場合、/scratch は RAM ディスクに置かれます。インストール後、永続データストアを使用するように、/scratch を再設定する必要があります。/scratch の再構成の詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。