仮想マシンと仮想ディスクのストレージ要件を定義するときは、ストレージ ポリシー内のベンダー固有またはユーザー定義のストレージ機能を参照します。

ベンダー固有のストレージ機能

vStorage APIs for Storage Awareness (VASA とも呼ばれる) を使用するストレージ システムは、ストレージ プロバイダによって示されます。ストレージ プロバイダは vCenter Server に特定のストレージ デバイスに関する情報を伝え、デバイスと、それらのデバイスにストレージ機能としてデプロイされているデータストアの特性を示します。このようなストレージ機能はシステム定義でベンダー固有の機能です。

ストレージ システムは複数の機能を通知できます。機能は 1 つ以上の機能プロファイルに分類されます。機能は、ストレージ システムが提供できるサービスの質を大まかに示します。これらは、そのストレージ システムが、容量、パフォーマンス、可用性、冗長性などについて、特定の特性セットを提供できることを保証するものです。

ベンダー固有の機能は、ストレージ ポリシー ベースの管理システムに表示されます。ユーザーが仮想マシンのストレージ ポリシーを作成するときは、これらのベンダー固有のストレージ機能を参照するため、仮想マシンはこれらの機能を持つデータストアに配置されます。

ストレージ プロバイダの詳細については、ストレージ プロバイダの使用 を参照してください。

タグ ベースのストレージ機能

タグを使用してユーザー定義のストレージ機能を作成し、それらのタグをデータストアに適用できます。複数のタグをデータストアに適用できます。

通常、タグ ベースの機能は次を行うのに役立ちます。

  • 地理的場所や管理グループなど、vStorage APIs for Storage Awareness を介して通知されないポリシー関連情報をエンコードする。

  • ストレージ プロバイダによって示されていないデータストアに、広範なストレージ レベルの定義を添付する。

データストアに適用されたすべてのタグは、ストレージ ポリシー ベースの管理システムに表示されます。ベンダー固有の機能と同様に、ストレージ ポリシーを作成するときにタグを使用できます。