シン プロビジョニングによって、実際に存在する物理領域以上の仮想ストレージ領域をレポートすることができます。この違いは、ストレージ オーバーサブスクリプション (オーバー プロビジョニングとも呼ばれる) を引き起こす可能性があります。

シン プロビジョニングを使用する場合、実際のストレージ使用率を監視して、物理ストレージ領域が不足する状態を回避する必要があります。