仮想マシンにストレージ ポリシーを適用して、仮想マシンで実行されるアプリケーションのストレージ要件を指定できます。

このタスクについて

パワーオフまたはパワーオン状態の仮想マシンにポリシーを適用できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンを参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  3. 仮想マシン ストレージ ポリシーの管理 をクリックします。
  4. ホーム仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューからポリシーを選択することで、仮想マシン構成ファイルにストレージ ポリシーを適用します。
    注:

    仮想マシン構成ファイルには、.vmx.vmsd.nvram などが含まれます。

  5. 仮想ディスクにストレージ ポリシーを適用します。
    • ディスクに適用 をクリックして、同じホーム ポリシーをすべての仮想ディスクに適用します。

    • [仮想ディスクの仮想マシン ストレージ ポリシー] で、仮想ディスクを選択し、仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューからポリシーを適用します。このオプションによって、指定されたポリシーに各仮想ディスクが関連付けられます。仮想マシン構成ファイルとは別個に仮想ディスクを保存する場合にこのオプションを使用します。

  6. OK をクリックします。

タスクの結果

ストレージ ポリシーが仮想マシンとそのディスクに割り当てられます。