ストレージ アレイ タイプ プラグイン (SATP) は VMware NMP と一緒に実行され、アレイ固有の操作を行います。

ESXi は、当社がサポートするすべてのタイプのアレイに対して SATP を提供します。また、非固有のアクティブ-アクティブ ストレージ アレイおよび ALUA ストレージ アレイをサポートするデフォルトの SATP、および直接接続デバイス用のローカル SATP も提供します。各 SATP は特定のクラスのストレージ アレイの特性に対応しており、パスの状態を検出し、無効なパスを有効にするために必要なアレイ固有の操作を実行できます。このため、NMP モジュール自体は、ストレージ デバイスの特性を認識しなくても、複数のストレージ アレイと連携できます。

NMP が、特定のストレージ デバイスに使用する SATP を判断し、その SATP をストレージ デバイスの物理パスに関連付けたあと、SATP は次のようなタスクを実施します。

  • 各物理パスの健全性を監視します。

  • 各物理パスの状態の変化を報告します。

  • ストレージのフェイルオーバーに必要なアレイ固有のアクションを実行します。たとえば、アクティブ-パッシブ デバイスでは、パッシブ パスを有効にできます。