このトピックでは、Virtual SAN に適用される特性と、そのクラスタおよびデータストアについて概説します。

Virtual SAN を操作するときは、次を考慮してください。

  • Virtual SAN は、ESXi ハイパーバイザーに直接実装されます。

  • Virtual SAN は、HA、vMotion、および DRS などの共有ストレージが必要な VMware 機能をサポートしています。たとえば、ホストの負荷が高くなると、DRS はクラスタ内の他のホストに仮想マシンを移行できます。

  • Virtual SAN は、従来から VMFS および NFS ストレージとともに使用されている vSphere データ管理機能と統合されています。これらの機能には、スナップショット、リンク クローン、vSphere Replication、および vSphere APIs for Data Protection などがあります。

  • Virtual SAN は仮想マシンのストレージ ポリシーに沿って機能し、仮想マシンを中心としたストレージ アプローチをサポートします。

Virtual SAN の制限

  • Virtual SAN では、ホストごとに複数の Virtual SAN クラスタはサポートされません。

  • Virtual SAN では、大容量の仮想ディスク、または 2TB を超えるディスクを持つ仮想マシンはサポートされません。

  • Virtual SAN では、SATA ストレージ、SAS HDD ストレージ、および PCIe ストレージのみがサポートされます。USB、ファイバ チャネル、または iSCSI で接続されたストレージを使用することはできません。

  • Virtual SAN では、Fault Tolerance、vSphere DPM、および Storage I/O Control などの機能はサポートされません。

  • Virtual SAN では、SE スパース ディスクはサポートされません。

  • Virtual SAN では、SCSI 予約はサポートされません。

  • Virtual SAN では、RDM、VMFS、診断パーティション、その他のディスク アクセス機能はサポートされません。

Virtual SAN クラスタの特性

  • Virtual SAN クラスタには、ストレージ ディスクを持つホストも、持たないホストも含めることができます。ストレージ ディスクを持つホストが少なくとも 3 台必要です。

  • ホストがストレージ デバイスを提供する場合、少なくとも 1 個の SSD デバイスと 1 個の HDD デバイスが必要です。

  • ローカルのストレージ デバイス、または直接接続されたストレージ デバイスのみを Virtual SAN クラスタに含めることができます。Virtual SAN では、クラスタに添付された SAN や NAS などのその他のストレージは使用されません。

  • Virtual SAN は SSD とデータ ディスクを含むディスク全体を取得します。他の機能とディスクは共有しません。

  • vCenter Server インスタンスごとに複数の Virtual SAN クラスタを使用できます。

Virtual SAN データストアの特性

  • Virtual SAN は、ホストにディスクがあるかどうかに関係なく、クラスタ内のすべてのホストにアクセスできる単一の Virtual SAN データストアを作成します。すべてのホストは、その他のすべてのデータストア、VMFS、または NFS のマウントも行えます。

  • vCenter Server ごとに複数の Virtual SAN クラスタがある場合、各クラスタによって Virtual SAN データストアが提供されます。Storage vMotion を使用して、Virtual SAN データストア間で仮想マシンを移動できます。

  • HDD ディスクのみがデータストアの機能を提供します。SSD の機能は、データストアの一部としては見なされません。

  • 自動モードでは、Virtual SAN クラスタにホストを追加したり、クラスタ メンバーにディスクを追加したりすると、Virtual SAN データストアは動的に増加します。