ホストがマスクされたストレージ デバイスにアクセスする必要がある場合、そのデバイスのパスのマスクを解除します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

手順

  1. MASK_PATH 要求ルールを削除します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule remove -r rule#

  2. 要求ルールが正しく削除されたことを確認します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule list

  3. パスの要求ルールを構成ファイルから VMkernel に再ロードします。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule load

  4. マスクされたストレージ デバイスへのパスごとに esxcli --server=server_name storage core claiming unclaim コマンドを実行します。

    例:

    esxcli --server=server_name storage core claiming unclaim -t location -A vmhba0 -C 0 -T 0 -L 149

  5. パス要求ルールを実行します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule run

タスクの結果

これで、ホストは、今までマスクされていたストレージ デバイスにアクセスできます。